グル活!!@ブログ

覚えておきたい!求人応募の際の電話でのマナー

希望の勤務先が決まったらいよいよ応募!!

ここ最近の応募方法はネットからのエントリーがほとんどですが、応募~採用担当者からの連絡のタイムラグを無くしたい方であれば電話からのエントリーになるでしょう。

しかし、電話での不安や悩みは沢山あるかと思います。

そこで今回は電話からのエントリーの際、覚えておきたい『電話』のマナーをご紹介します!

▶まずは事前準備を!

まずは電話をかける前に事前準備をしっかりしておきましょう!

↧↧↧ 準備するもの ↧↧↧

①応募先の募集要項が書いてあるもの

②メモ用紙・筆記用具

③カレンダーやスケジュールを確認できるもの

【ポイント】若い方でありがちなのが、スマホで通話しているのにスマホに登録されたスケジュールを確認したくて慌ててしまうというケースです。スマホでは通話中にスピーカー機能に切り替えて他のアプリを開くことができますが、操作に慣れていない人はメモ帳などのアナログなツールを準備したほうが無難です。

▶電話をかける時間帯

電話をかける時間帯ですが、受付時間が書かれているならその時間内にかけましょう!

それ以外であれば、緊急の場合を除き、電話をかける先が一般企業であれば10時~17時くらいのビジネスアワー、飲食店なら14時~16時くらいのアイドルタイムにかけるのがマナーです。ランチタイムやディナータイムは避けましょう!

また、電話をかける場所にも気を付けましょう!雑音が入る場所や、電波が無い場所ではかけないようにしましょう!

▶敬語を間違わず、はっきりとした口調で!


これは一番難しいところかもしれません。自信のない人は、言うべきことを紙に書いたり、声に出したりして練習したほうがいいでしょう。しかし完璧なビジネスマナーまでは求められていないので、落ち着いてきちんとはっきりした口調で話せば大丈夫です。無理して丁寧な表現を使うとかえって失敗してしまいます。

▶電話での流れの確認


◎電話の最初は、自分の名前・要件を簡潔に伝えます。

(例)「お忙しいところ恐れ入ります。✕✕と申します。求人への応募でお電話いたしました」

◎面接の日時は念のため復唱します。

(例)「〇月〇日、〇曜日、〇時からですね。」

◎持ち物の確認を自分からすることができれば好印象!

(例)「持っていくものは、何かございますか。」

◎電話を切るのは、先方が切ってからが原則。切るのが遅いなら、こちらから切ってOK!

(例)「よろしくお願いいたします。失礼します。」

▶この言葉は気を付けよう!

「✕✕っす」や、「マジ」「OK」なども言ってしまいがちな言葉ですが、電話や面接では使わないように気を付けましょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

台東区の飲食店求人情報ならグル活@東京にお任せ!
グル活@東京は東京23区内の飲食店求人専門サイトです。
掲載についてお問合わせはこちらから

Pocket