グル活!!@ブログ

飲食店経営で知っておくべき法律まとめ

飲食店の経営は必然的に食品を扱うため、衛生管理の必要性や、従業員を雇うとなれば労働に関する問題も出てきます。

そこで、今回は飲食店を経営するにあたり、健康に関わる衛星や、労働に関しての必要最低限知っておくべき法律についてまとめました!

▶食品衛生法

飲食店を開業する場合には、この食品衛生法に基づき保健所に届け出を出し、営業許可を得る必要があります。

また、食中毒が発生した場合にも、この法律に基づき行政指導などが行われ、名称や内容等が公表されます。

▶食品リサイクル法

食品の食べ残しや売れ残り、食品の製造過程で大量に発生している食品廃棄物の発生抑制と減量化によって、最終的に処分される量を減少させること、また飼料などの原材料として再利用することを目的とした法律です。

▶風営法

深夜営業や接待行為を行う飲食店が対象で、深夜12時以降もお酒を提供する店舗は『深夜酒類提供飲食店営業』の届出をする必要があります。

▶労働基準法

従業員の労働時間や賃金に関して必要最低限の基準を定めた法律です。特に、飲食業界は労働基準法に関して問題になるケースがあり、また既に大手飲食店も労働基準法に関連してニュースにもなっているので、相当な注意が必要です。

▶労災保険法

労災保険法は、従業員などが業務上の災害や通勤災害などによって負傷したとき、疾病にかかったときなどに被災労働者またはその遺族に対し所定の保険給付を行う法律です。

▶雇用保険法

雇用保険は、労働者が失業した場合および労働者について雇用の継続が困難となる事由が生じた場合に必要な給付を行うことなどを目的とした法律です。

▶パートタイム労働法

パートタイム労働法は、パートタイムで働くパートタイム労働者を守るために作られた法律です。この法律によってある程度、パートタイム労働者の待遇が守られることになります。

▶会社法

当初から会社を設立して飲食店を経営したり、いずれ法人化を予定しているのであれば会社法も必須です。

 

▶まとめ

飲食店開業するにあたり、さまざまな法律があり、昔よりも厳しくなっています。

開業前には法律や必要な資格など事前にしっかり調べることが大切です。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

本木・赤坂の居酒屋求人情報ならグル活@東京にお任せ!
グル活@東京は東京23区内の飲食店求人専門サイトです。
掲載についてお問合わせはこちらから

 

Pocket