グル活!!@ブログ

2017.6.19 お役立ち

飲食店開業~店舗物件の探し方~

飲食店を開業するとなると、まず開業する店舗探しですよね。

店舗を探しているが、具体的な探し方がわからなかったり、どういう点に注意して探せばいいのか・・・とお悩みのオーナー様も多いのでは?

今回は最高の店舗物件を見つけるコツをまとめました!

▶物件探しのコツ

未公開物件情報を集めよう

事業用物件の場合は半年前に解約予告されることが多く、それが良い物件の場合は募集が公開される前の半年間に決まってしまうケースがあります。

このような公開募集前の物件を『未公開物件』と呼びます。未公開物件の情報は待っているだけでは入手しずらく、不動産会社や直接オーナーに問い合わせて地道に情報収集するほかありません。

複数の不動産仲介業者から情報をもらう

情報収集の段階では、複数の不動産仲介業者を利用するといいでしょう。やはり1社だけのネットワークには限界がありますから、より多くの情報が得られるようにしておくことがポイントです。

また、不動産仲介業者に情報をもらう場合は、準備した希望条件を必ず伝えるようにしましょう!その為、事前に立地・坪数(平米数)・賃料などは具体的に決めておきましょう。

実際に現地で探してみる

想定しているエリアが固まったら実際に現地へ足を運び店舗物件候補を探してみましょう。

もちろん仲介業者にお願いして探してもらうのも一つの手段ですが、中には仲介業者にお願いしていないオーナーさんもいるので、そういった物件はこちらから見つけるしか出会う方法がありません。

また、実際に足を運ぶことによって「イメージしている町と違った」「ターゲットにしている客層があまりいない」「競合店舗が多すぎる」など店舗物件候補を探す以外にも収穫がある場合があります。

良い物件は早い者勝ちですから、自分の足で探すことが重要です!

▶物件探しの注意点

ネットに出ている情報で判断しない

ネットに出回っている情報は、すでに募集を終えているのに掲載されていたり、複数のサイトで公開されていたりと情報の信憑性があまりない場合も多いです。ですから、ネット上で気になった物件情報は不動産仲介業者やオーナーに直接問い合わせるなどして裏を取るようにしましょう。

店舗取得予算を組んでおく

店舗物件を借りるときは、一般的には「翌月分の家賃」と「保証金」、仲介業者を介して契約した場合は仲介手数料が必要になります。

<初期費用内訳>

◎翌月分家賃・・・1か月分

◎保証金・・・6~12か月分

◎不動産仲介手数料・・・1か月分

合計・・・家賃8~14か月分

条件や交渉により、保証金が安くなる場合もありますが、まとまったお金が必要になるので、前もって準備しておくようにしましょう!

店舗を出したいエリアの事前調査

予算を決める為の売上予算を立てることや、希望条件を決めておくことはとても重要ですが、それらを決定する為には入念な地域調査が必要になります。

↧↧例えば以下の項目↧↧

◎店舗物件の相場

◎客層(主婦・サラリーマン・学生)

◎人通りの多さ(朝・昼・夜)

◎周辺環境

◎交通の便(1日にどのくらいの利用客がいるのか、アクセスはどうか)

◎競合(同業種の店舗は多いか、価格帯やコンセプトなど)

移住用物件は店舗利用では借りられない

賃料や内装費の関係で、住居用マンションを店舗利用しようと考える方がいますが、これは基本的にはできません。オーナーの一存で決められているので例外もありますが、不特定多数の来客がある店舗は安全管理上断られるケースがほとんどです。

とくに分譲マンションで、管理規約に「住居のみの使用」と明記されているような場合は店舗や事務所でも使うことはできないので、承知しておく必要があります。また、事務所利用可で募集している物件も、基本的には不特定多数の来店がある店舗利用の場合は不可のところが多いです。

 

いかがでしたでしょうか。

物件探しには、事前準備や地域の特性などを自身の中でしっかり理解、想定することが大切です。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

銀座・新橋・東京の居酒屋求人情報ならグル活@東京にお任せ!
グル活@東京は東京23区内の飲食店求人専門サイトです。
掲載についてお問合わせはこちらから

 

 

 

Pocket